三和病院ロゴ

医療関係の方へ

  • 看護部 理念

    1. 安全で質の高い看護の提供
  • 2. 地域に必要とされる看護の提供
  • 3. 患者を尊厳したチーム医療の推進
  • 4. 専門職業人としての自己研鑽

 

看護目標

  • 1. 患者をチーム医療の一員とした看護の提供を行う
  • 2. 基本的な知識・技術に基づいて、看護実践を行う
  • 3. 患者・家族・多職種の信頼関係を深める
  • 4. 日常的に使用する医療材料のコスト意識を徹底する
看護師長ごあいさつ
 


三和病院の理念は患者さん、地域のみな様、職員の和です。
人は生まれて生きて、いずれ必ず最後の時を迎えます。
そしてその生き方を、寄り添って考えることが医療の重要な役割だと考えています。

三和病院では患者さんを中心に医師、看護師のみではなく薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、管理栄養士、セラピスト、医療福祉相談員(MSW)、事務、保育士、介護福祉士、看護助手など、様々な職種が協力し、持てる力すべてで、どのようなサポ−トできるのか考えていきます。
また、地域における三和病院の役割を明確にし、社会資源を最大限に活用するとともに、多施設とも連携を深め、社会全体で患者さんをサポ−トできるようなネットワ−ク作りを目指します。

患者さん自身の持てる力を最大限に引きだし、治療と向き合っていただく。
また、持病をもちながらも、地域で自分らしく過ごしていただく。
そのために必要な情報をみんなで集め、提供していく。
そして、安心感のある医療、専門性の高い医療を提供出来るよう努力していきます。

まだまだ出来立ての病院ですが皆さんに育てていただき、地域における役割が果たせるよう努力してまいります。
よろしくお願いいたします。

 


三和病院 看護部 教育年間到達目標

目的
病院と看護部の理念に基づき、自己の役割の遂行と
質の高い看護を提供できる看護職を育成する。
目標
1.経験・キャリアレベルに相当した研修の企画・運営・評価を実践する
2.根拠のある看護の実践と役割が遂行ができる看護職員を支援する
具体策
1.経験・キャリアレベルに相当した役割を遂行し、年間を通した
  研修企画・運営・評価を行う
2.組織内部で指導者として自身が成長し育成できる

 
対 象 目 標 ラダーレベル 到達レベル 講師・指導者
師長 専門職者として役割モデルとなり、
専門性を発揮できる創造的な
看護管理実践を展開できる


ラダーレベル

*管理及び専門看護分野における
 研究・実務改革を行い、
 看護職変革の推進者となれる


外部講師

卒後

15年以上

主任・

副主任

自律した看護が実践でき、
配属部署の改善・改革・構造性の
発揮等 看護チーム内で
トップリーダーの役割が実践できる

*専門領域における看護実践の
 役割モデルになれる
*医療チーム内でリーダーシップの
 実践ができる

*看護職員に対して指導的に関われる

外部講師

師長

卒後

7〜10年

患者の個別性を重視し、看護上の
問題解決・意思決定が理解でき、
理論的知識と実践を臨床の場で
統合し実践できる

*看護過程を踏まえた全人的ケアが
 実践できる
*リーダーシップの役割と責任を
 果たすことができる

*院内研修を看護実践に活かすことが
 できる

卒後15年

以上
主任

プリセプター

に任命

された者

新人看護師が職場適応を果たすため
に必要な教育の基礎能力と態度を
身につけ、プリセプターシップの
実践を通し共に成長する

*新人看護師の成長を促すために、効果 
 的な指導知識・技術・態度を習得する。
*自己の成長を見つめ、今後の後輩育成
 の糧とする

卒後7〜10年

教育委員

新卒看護師

〜卒後2年

新人看護師が卒後1年で習得すべき
臨床実務に必要な知識・技術および
社会人・専門職業人としての態度を
身につける

*患者・家族に提供するケアの基本的
 知識・技術・態度を身につけ
 安全に実践できる

*メンバーシップの役割と責任を理解し
 実践することができる

プリセプター

教育委員

看護助手 看護チームの一員としての
自覚と責任のある行動が分り
実践できる

看護助手

*チームの一員としての役割・行動を
 明確にできる


教育委員

ページトップへ