三和病院ロゴ

放射線科

当院では、16列MD-CT、MRI、マンモグラフィー、テレビレントゲン装置、一般撮影装置を装備して画像診断を行っています。画像検査は完全フィルムレス・ペーパーレスの運用となっていて、検査終了後の画像は速やかに診察室に送られます。

医師紹介

放射線科

MRI






MR I の診断が有用な部位・疾患


頭部領域 ● 超急性期の脳梗塞・

脳血管・脳腫瘍など
体幹部 ● 肝臓がん、乳がん、
前立腺がんなど 各部位のがん・
胆管、膵管の描出
整形領域 ● 脊椎、脊髄・
肩関節・膝関節など

MRI

MRI検査(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像診断装置検査)とは、X線撮影やCTのようにX線を使用することなく、強力な磁石の筒の中に入り、磁場の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査です。
様々な病巣を発見することができ、特に脳や、乳房、脊椎、四肢、また子宮、卵巣、前立腺等の任意な方向の画像を表示することが可能です。また、色々な病気の早期発見と診断にとても有効で高い検査能力を持っています。

ヘリカルCT

CT

CT検査(Computed Tomography:コンピュータ断層診断装置検査)とは、X線を利用して体の断面を撮影することができる検査です。
緊急性に優れ、全身の様々な病巣を発見することができる重要な検査で、特に脳や大動脈、気管支・肺などの胸部と肝臓、腎臓などの腹部と体全体の画像に優れた描出能があり、検査時間も大幅に短縮されました。また、断面画像を再構成することにより、高精度の3次元画像も得られます。

マンモグラフィー

マンモグラフィー

マンモグラフィ(乳房X線検査)とは 、マンモグラフィは左右の乳房を横方向と上下方向から挟んで撮影します。 透明の圧迫板で乳房をはさみ、薄く伸ばして撮影するため、多少の痛みが伴います。 しかし、触っても判らないような小さなしこりや乳がんの特徴のひとつでもある微細な石灰化を見つけることができます。また悪性の病気だけでなく、良性の腫瘤も見つけることができる検査です。
当院は女性技師が撮影をしております。

検査科

検査科では、超音波(頸動脈エコー、甲状腺エコー、心エコー、腹部エコー、
下肢動静脈エコー 等)、採血、心電図、肺活量、眼底、CAVI(動脈硬化検査)、
身長体重測定、視力、聴力の検査を行います。

CAVI

CAVI(キャビィ)=
Cardio Ankle Vascular Index
心臓から足首までの動脈の硬さ
を反映する指標

CAVI

動脈硬化の検査です。動脈の硬さ、動脈のつまり、血管年齢を測定します。
両腕・両足に血圧計を、両手首・足首に心電図の電極を、胸に心臓の音をひろうためのマイクを付け検査を行います。検査時間は5〜10分程度です。

エコー

エコー

超音波検査の利点は、被爆の影響や痛みがなく、負担のない検査です。
当院検査科では、腹部臓器、心臓、頸動脈、下肢動静脈、乳腺・甲状腺などの体表臓器に関しての検査を行います。

ページトップへ